ぽっちゃりSNS

私は三重県四日市市に住む28歳の自営業の男ですが、年明け早々、私は出会い系サイトを利用し、三重県伊勢市在住のぽっちゃりと太った女性と深い関係になれました。
その経緯はと言うと、私がかなりのぽっちゃり好きな男でして、最近話題のぽっちゃり女性という言葉よりももっと太っている女性を、ぽっちゃりSNSで探していたのです。言えばデブ専というものです。
すると、冒頭のぽっちゃり女性をたまたま見つけたので、私はすぐにアタックしてみることに。女性の年齢は私よりも1歳年上で29歳でした。女性はスナックに勤めているらしく、かなり体格のいい優しい女性だったのです。
その豪快な姿やしゃべり上手な姿に惹かれ、ぽっちゃりSNS内でしばらくメールを続けていると、女性のほうから会いたい!と言ってくれました。
そして、私は女性と会う約束を交わし、三重県伊勢市の伊勢神宮付近で会う約束を交わしたのです。待ち合わせ時間になると、彼女は予定通り来てくれました。写真で見るよりももう少し太めで、体重は80sはあったと思います。
しかし、太っている女性が大好きな私には、そんなことはあまり気になりませんでした。女性のチャーミングな笑顔と、そのぽっちゃりとした姿を見て、私の下半身はすごく反応してしまいました。
女性と二人で一緒に電車に乗って私の地元である四日市まで行くことにしました。女性はその車内でもかなり元気よくしゃべっていましたし、本当に話すのが好きなんだなと、私もかなり微笑ましくなったのです。女性と車内でたくさんの会話をしていると、私の地元四日市市駅に到着しました。あっという間に楽しい車内での会話が終わり、私たちは私の自宅でご飯を食べることにしたのです。
女性は終始ノリノリで、全く警戒することもなく、すぐに私の自宅へと来てくれたのでした。そのことに驚きましたが、私は女性ともっと楽しくしゃべりたかったですし、一緒に食事などをするため、まずは、買っていたコンビニ弁当を一緒に食べることにしました。
女性はニコニコしながらおいしそうにご飯を食べていましたし、すごく楽しそうなのです。その笑顔にこちらも嬉しくなり、私は大人の関係になっていろんなことしたい!と思いました。
食事を終えると、徐々にそういうムードが強くなっていったので、私は女性のダイナマイトボディを軽くタッチし、まずは反応を伺いました。すると、女性もかなりやる気でしたし、これはもうするしかないと思い、女性にキスをしました。
そして、女性の大きなオッパイを揉み、おなかのたぷたぷ具合を確かめたり、ぱっちゃりとした体をじっくり味わうことに。体とは対照的に、意外と喘ぎ声はとても小さくかわいらしい声でした。その声に私のムスコもかなり反応しましたし、我慢できそうになかったので、即入れることにしました。
女性のアソコに挿入し、ゆっくりと腰を振りました。最初は普通にしていたのですが、騎乗位で女性の揺れているおなかを見たいと思い、騎乗位に変えたのです。
やはり、ぽっちゃり女性の揺れるおなかを見ながらエッチするのは最高ですし、興奮する瞬間ではないでしょうか。その興奮を感じながら、その日はぽっちゃりSNSで知り合った女性と何度もエッチな関係を持ちました。ぽっちゃりSNS

ぽっちゃり女性のバストのコンプレックスといえば、胸が小さくて悩んでいる人が多いと思います。
やはり小さな胸よりも大きい方が魅力があるし、女性的です。
しかし逆に胸が大きすぎて悩んでいる人もいます。
胸は小さいより大きい方がいいという風潮がありますが、実際はどうなんでしょうか。

胸が大きい人は大きいなりに悩んでいます。大きい胸のせいで嫌な思いをする事もあるのではないでしょうか。
まず一つは胸が大きいと、太って見えがちになります。 それは胸にボリュームが出るので、小さい人よりも太って見えるのかもしれません。
例えば、前ボタンのシャツ等は胸が大きい為にボタンとボタンの間に隙間ができ、下着が見えたり、はち切れそうな感じになってしまいます。
胸の所以外はサイズが合っているのに胸の所のせいでサイズをワンサイズ上の物を買わなくてはいけません。 胸が大きいと、どうしても胸に合わせて洋服を選ばなければならなかったり、胸が目立たない様にゆったりとした服を選んだりするので、太って見えるようになるのかもしれません。

また、胸が大きいと目線が胸ばかりに集中する事があるのではないでしょうか。
人によっては目を全く見ずに胸だけを見ながら話をする人もいるでしょう。
そのような時は、見られていると分かっていてもどうする事もできないので、胸が大きくみえないように自然と前かがみになったり、腕を組んだりして目立たないようにする事しかできません。
しかしそれが原因で肩や腕の骨が内側に入ってしまったり、猫背になってしまう原因にもなりかねません。

そこで大きな胸をコンプレックスだと思わずに、長所だと考える事が必要です。
まず簡単にできる事と言えば、服を変えてみる事です。
胸の事を考えずに、体にフィットした服を着ると胸にボリュームがでるので、ウエスト部分が細く見えます。
ゆったりとした服よりもそちらの方が、意外とスリムに見える可能性が高いです。
また、胸を張ると肩幅が狭く見えるし、見ている方も背筋が伸びていて感じが良く見えます。
皆が皆大きい胸を持っているのではありません。
大きい胸を持っているからこそ似合う服もあります。
大きい胸だから魅力的に見える事だってあります。
大きい胸を受けいれて、いかに自分の物にするか、コンプレックスだと思わず長所だと考えるだけで、自分の世界が変わってくるはずです。
コンプレックスに思う事はありません。
自分が持って生まれた体に自信を持って、胸を張って行きていきましょう。

ぽっちゃりのサプリ

頻尿、尿漏れは年をとった人がなるというイメージがありますが、妊娠中や産後のマイナートラブルとして多くの人が悩んでいます。
妊娠のメリットはバストアップすることぐらいです。
クシャミや咳をした時にちょろっと尿漏れをしてしまったり、中には尿失禁、便失禁にまでなってしまう人もいるほどです。
若いのに何故そのようなトラブルが起こるのでしょうか。その原因は骨盤底筋群、という肛門周辺のいくつかの筋肉がうまく働かないことにあります。
まず、妊娠中はお腹が大きくなるにつれ膀胱は圧迫されますし、骨盤底筋群に重さがかかり、普段ではほんのちょっとした尿意でも、我慢するのが大変なほどの尿意になります。
例えば座っている状態から立ち上がる、体を横にしている状態から起き上がる、などの姿勢が変わることによってでも、急に骨盤底筋群に圧力がかかることにつながるため、何度も何度もトイレに駆け込んでしまうわけです。
さらに出産に向けてリラキシンというホルモンが分泌され、これは身体中の筋肉や靭帯を緩める働きがあり、妊婦特有の腰痛になる原因でもあります。
これはスムーズに出産をするために必要なホルモンですが、自然と骨盤底筋群が弱くなってしまうのです。
そんなわけで妊娠中は尿漏れ用のナプキンなどを使用している方は多いのではないでしょうか。
産後、自然に元に戻るものですが、弱くなった骨盤底筋群を早く元に戻すため、産院から骨盤底筋体操という筋力を鍛える体操を勧められます。
これはすごく簡単な体操ですが、産後の体には難しく、思うように出来なくなっていて驚いた経験がある経産婦の方は少なくないのではないでしょうか。
さらに驚くことに、出産時、分娩が長時間にわたり骨盤底筋群が弱ってしまったり、会陰切開などで骨盤底筋群を傷つけてしまい、もし妊娠中は尿トラブルはそれほどでもなかったとしても、産後になって尿意が分からない、便失禁まで!という事態も!これはかなりショックです。
ただでさえ新生児のお世話でクタクタな中、こんな悩みは一刻も早く解決したいですね。
骨盤底筋体操は、ケーゲル体操とも呼ばれ、尿トラブル以外にも、直腸脱や子宮脱、腟脱を防ぐ効果もあります。初めは仰向けの姿勢で膝を立て、肛門を5秒間締める→緩めるを繰り返します。
慣れてきたら10秒締める→緩めるという風にだんだん長くしていき、椅子に座った状態と、立っている状態でも同じ感じで鍛えることが出来ます。
足やお腹に力を入れるのではなく、肛門の辺りを意識する事が大切です。 骨盤底筋群は、骨盤や内臓の働きにも影響があり、妊娠や出産に関わらず、普段から鍛えておくことをお勧めします。

アラフォーのぽっちゃりの私は、頻尿対策で、ノコギリヤシのサプリを愛飲しています。バストアップサプリも併用していますが、婚活で結婚してから、まだ1年もたっていません。ですから、まだ新婚なのに、頻尿の老化現象です。夫は少しも私にかまってくれないのです。
夫は10歳も年上で、大人で頼りがいのあるところに惹かれて結婚しました。落ち着いているのはいいんですが、若い妻のことを、もっとかわいがってくれてもいいと思うのです。
かわいがってくれたのは、せいぜい1年間で、その後は突然に糸が切れたみたいに、頻尿の私のことをかまわなくなりました。最近では、家庭内別居という感じです。
結婚したばかりの頃は、やさしくしてくれたのが嘘みたいです。
苦労して、婚活から結婚したのですが、少し後悔しています。
ノコギリヤの効果が出て、頻尿が改善されれば、また優しくなると思います。
夫がこんなふうに教え込んだくせに、ひどいと思いませんか。欲求不満を解消するのに、最初のうちは、婚活サイトでしたが、だんだん物足りなくなってきたんです。
それで、淋しさをまぎらわすために出入りするようになったのが、駅前のパチンコ屋さんでした。異性との出会いを求めたのです。 それまで、パチンコって、うるさい所だという印象でした。 それが、初めてやった時に、玉がたくさん出て、すっかりハマったのです。最初に3万円ほど勝ったのです。玉が出る時の快感といったらありません。
パチンコ店に流れる音楽も、興奮を刺激するんですね。周りを見渡すと、結構、人妻っぽい女性が多いんです。



そして、人妻の私は、やばい事になってます。最近また買い物症候群になっている!
ストレス溜まってんのかな。何かとネット通販とやらはそそられます。楽天市場がどえらいセールしてるからドリンクやコスメ を大量に買ったし、服なんかも大量に買っちゃったんだよね?
なんかこう寒いとつい出不精になるからネットとかでお買いものしちゃうんだな。出会いサイトも結構やっちゃってるしね。これがダメなんだよね。後アマゾンなんかもけっこう安く買えるからついつい見てしまう!
ヤフオクなんか中古品やからめちゃ安いしね!
今みんな師走で何かとお金がほしいからフリマでどんどん物を売るから余計安くなってるもかも。 やから定価で物を買うのがアホらしくなってきたんだよね。
だってアウトレットなんかファッションも流行遅れどころか全然着れるしついこないだまで店頭に並んでたのがアウトレットに出ていたりするしね。すごいわ。
服は買っても買ってもほしくなるから恐ろしいわ。正月はおとなしくしとかなきゃ。 貯金をしないといけないのですが、なかなかたまりませんね。
アラフォーだから焦って婚活したのが、失敗の元です。

そろそろ結婚したくて婚活
でも、なかなかいい出会いに今のところ出会えていません。貧乳なので、恋愛に消極的なんです。
知り合いにはいい人がいたら紹介してと言っています。
先日、その友達の紹介で、2歳年上の女性と会いました。
僕の中では年上のイメージは、無かったのですが、会ってみると気さくな人で年齢の差を感じさせない感じでした。
向こうは、33歳で結婚願望は強いみたいでした。子供が欲しいとか普通にはなしてました。
一応メール交換して別れたのですが、どうしようかと思案中です。
婚活だど付き合うイコール結婚って感じで結構考え込んでしまいますね。
気軽にとりあえず付き合ってみるかって感じには、思えないんですね。
これが婚活の難しい所です。向こうもそれなりに真剣なはずなのでよけいに慎重になってしまいます。
まあ、考えていてもしょうがないので、今度また会う約束をしました。

ずっと婚活をしてきましたが、ついに彼女ができました。これをきっかけに家を出て自立しようと思います。
友達の紹介で知り合て、お互い意気投合しました。このまま、付き合って結婚までいければいいなと思います。彼女は、出会いの最初から、独特の知性と色気を釀し出していました。
務めていた会社が倒産し、職を失った時も支えてくれました。
彼女は、某会社の社長秘書をしており、広報も務めているのです。まさにキャリアウーマンなのです。
出会いのきっかけとなった友人とは、彼女の仕事関係の男性です。今では、彼に感謝しています。あれだけ、ネットの定額の婚活サイトで出会いを探していたのに。
何も期待していないところから縁が生まれました。不思議なものですね。お互いの親にも紹介しあっているので、たぶんこのまま順調に進めば、結婚と言う運びになるでしょう。
早く子供が欲しいなとかいろいろ考えている今日この頃です。家を出るのは、少しさびしいですけどね。

そして、思い起こせば、思えば一番の思い出の出会いがあったのは大学生の時だった。
人見知りではあったけれど、幾ばくかは改善されるほど、とにかく多くの結婚を考えられる男性と話した。
1回生の時のゼミは男女の人数がちょうど半々くらいだった。地方から来ている人もいたが、今振り返ればとにかく素敵な人ばかり。
意地悪をするような嫌な人はいなかったし、皆女性陣にはとくに優しく、楽しい雰囲気をつくってくれた。
余り話すことが得意ではない私にも話しかけてくれ、時には冗談を交えた会話をしてくれたことは、大事な嬉しい記憶となっている。
どうして、誰のことも好きにならなかったのか、不思議と言えば不思議だ。美形揃いのゼミと名高い所に属していた。確かにそうだった。 何でだろう。後から、ゼミの男の子と仲良くなった時、別の男の子が私を気に入っていたという話を聞いた。確かに楽しい話をたくさんして面白い気分にさせてくれた。
でも、私が彼に与えられるものは何もない。何もなくて良かったと密かに想った。誰かに好きになってもらえるような女ではなくて、自分に自信がなくて。だから、ちょっと安心した。そして、少しだけ寂しかった。
社会人になって少し。相変わらずまともに異性と付き合うことが出来ない。そういう雰囲気になると、逃げてしまうのは仕方がなかった。職場は大体おじさん。
上司は31歳だけれど、全く恋愛感情はない。手が触れ合おうが、空から雨が降ってきたくらいの感覚と対して変わりはない。
だからもう、二次元に暫く滞在している。理想のタイプは背が170から180p台。髪は黒か嫌みのない茶色で、一緒にいて退屈しない人。
不器用なんだけど、ちゃんと理解しようと努めてくれる人。お喋りでも無口でもない人。ただ、心底好きで通じ合っているならば、沈黙も苦にはならない。
何をするでもなく、そっと肩を貸してくれる、静かに手を繋いでくれる人。普段は冷静なんだけど、時々照れ笑いをするような人。
たまに、ほんのちょっと本音を投げかけてくれるような、そんな男性がずっと隣にいたらいいな。

アラフォーで婚活も結婚もしない選択
本当に好きな人としか結婚しないのも、現代では個人の考え方としてありだと思います。
しかし、本当に好きになった人が結婚相手として妥当かどうかという事になると、少々話しが変わってきます。
この場合は、恋愛する事が前提になるのだと思いますが、恋人の時にはお互い夢中になっていて細かい事は気にならない事が多いと思います。
例えば、デートの約束の時間に多少遅れても許してしまうのではないでしょうか。
また、昭和のデートスタイルと言われるかもしれませんが、女性の飲食代や、映画を観るための代金など、デートにかかる費用は男性が負担するといった事もあると思います。
どちらかというと男性が女性に対してアタックして、了解が得られればデートしてもらえる、といった構図が多いのではないでしょうか。少数ではありますが、女性が放っておかない男性もいます。
この場合は立場が逆転するだけなので基本的には同じ事になると思います。
どちらにしても、デートを始めた時点で両思いになっている可能性は少ないと思います。そして、デートを重ねる事で少しづつ理解が深まり、アタックされた方もこの人なら良いとなったら、最後は結婚の判断をするのだと思います。
恋愛中はちょっとした病気みたいなもので、夢心地か、妄想を膨らませて理想を相手に重ねている可能性があるります。
しかし、いざ結婚するとこれまで見えていなかった事がだんだん見えてきて、欠点だけが目立つようになります。これまでは許容出来ていた事が許容出来なくなるという事です。
今ではほとんど絶滅種といってよいお見合いですが、この場合は恋愛とは全く逆のパターンになります。
親同士が良いと決めたら、半ば強引にお見合いの場に出される訳ですから、情報は極めて限られています。せいぜい、相手の写真と親の主観的な感想くらいしかないのでのではないでしょうか。
この時点では、よっぽど追い詰められていない限り、あまり期待していない事が想定されます。しかし、逆にいうと「こんな筈では無かった」と、思う可能性が低くなるので、「こんなものか」「思ったよりもいい人かも」と思ってもらえる可能性があります。
恋愛はどうしても減点法になりますが、お見合いは加点法になる確率が高くなります。
人の心は移り変わりやすく、時間と共に変化していきます。結婚は恋愛のように一過性のものではなく、その後も一緒に生活をしていく行為なので、「この人なら多少嫌なところもあるけど許容出来る」と、いった人を見つけて欲しいです。
「本当に好きな人と出会わないから結婚しない」のは、他の可能性を捨てる事になり、一度しかない人生なのですから勿体ないです。