ぽっちゃりSNSランキング

PC☆MAXの特徴
太った女性が好きなデブ専男性が、ぽっちゃり女性と知り合うための専門の出会いSNSは今までなかったんです!

でも、やっと大手出会いSNSのPC☆MAXで、「ぽっちゃり」と「グラマー」カテゴリーが新設されました!
(下の図参照)

テスト広告を出したところ、意外にもデブ専男性よりもぽっちゃり女性の登録が多いという結果が!

太った女性からすると、普段の生活では出会えない「デブ専男性とピンポイントで気軽に出会える」のが登録の理由だそうです。

PC☆MAX内のぽっちゃり女性にとっては、モテ期到来といった感じです。

現状は、ライバルが極端に少ないのでマッチングは簡単です。

理想の体型や年齢の女性や男性が簡単に検索できます。
評価
評価5
備考
男性:ポイント購入制
女性:完全無料
18歳未満利用禁止
ポチャプラスの特徴
定番の人気の出会いSNS!

ここ最近のぽっちゃりブームに刺激されて、ぽっちゃり女性登録者が増加中!

若い子が多い印象(20代中心)なので、PC☆MAXとの併用がおすすめです!

完全にぽっちゃり専門のSNSなので、気になる異性とのメールのやり取りもスムーズです!

普通のマッチングアップリよりも女性のメール返信率が抜群に高いのが特徴です!

現在は、女性登録者の比率が高い状態です!
評価
評価4.5
備考
登録無料
18歳未満利用禁止

ぽっちゃり掲示板で恋活・婚活

デブ専の私は、離婚をし、ぽっちゃり掲示板などで再婚を目指していた僕。

 

170センチ65キロ、容姿もディスられるほどひどくない。年収は30代半ばで500万だから普通。そのため、再婚なんて簡単かなと最初は思っていた。

 

けれど36歳バツ一子なし男である僕より、未婚で子供産んでくれそうな女は独身男を選び、もう子どもいらないシンママは経済力あるダンディな相手を求めている。
ニーズなく空振りの日々に嫌気が差してきた。

 

でも、離婚後2年近くぽっちゃり風俗の疑似的行為しかしてなかった僕は、女とヤリたかった。太った素人と。できればナマで。

 

そのため僕は、婚活アプリからぽっちゃり掲示板へとシフトチェンジした。
手始めに若者向けと熟女向けの両方に登録したが、すぐに後者ばかりを使うようになる。
理由は簡単。前者にはサクラというか、デリ業者や個人デリが多すぎて全ぽっちゃりく風俗利用と変わらなかったからだ。
しかし、後者の太った熟女向けは違った。
旦那とレスで、でもオンナと見られたい雌がたくさんいたのだ。

 

亜里沙(仮名)もそんなぽっちゃりオンナだった。

 

「病院の薬剤師してます。もう40歳(汗)。162センチで、体重は内緒(笑)。カップはぽちゃ系のグラビアアイドルと言われた磯○さやかさんと同じです。

 

旦那とは9年もレス。というか、今、子どもが8歳なので、子ども妊娠・出産からしてません。

 

顔は童顔だし、年齢よりは若いと言われます。「女」であることを思い出させてくれる方を募集してます。よろしくお願いします」

 

という、自己紹介から分かるように、最初からやる気満々。

 

写真は目を隠していたけれど、ボディラインはいい感じだし、おデブという感じだった。

 

巨乳好きの僕は、ちょっと年齢が気になったものの、まぁいいかとメッセージやり取りを試みた。

 

往復二、三通は、お互いの挨拶とか、どの辺りに住んでて、いつが休日なのかなどの情報交換。

 

四通目に、休日はどのようなことをしているのかと他愛もない会話を向けたところ、彼女から「ぽっちゃり掲示板は出会いですし、ただの話し相手だけなら、ここで失礼したい」との申し出が。

 

婚活の癖でつい会話をしてしまおうとしてしまった自分に苦笑いしつつ、もちろん、ホテルデートがしたいことを伝えると、すぐに会える日の交渉となった。

 

それから数通のやりとりで、彼女が夜勤のふりをして家に一日帰らなくていいのが3日後と分かり、その日に決めた。

 

僕としては、いきなりのホテルお泊りデートに、すっぽかしとかあるのでは、と思いつつ、相手のやる気満々さに押されっぱなしで同意した。

 

3日後までは、オナニーを厳禁。複数回できるよう体力温存で早寝早起きをした。

 

すっぽかされないように、どんなプレイが好きなのかなど、エロトークは亜里沙と楽しんだ。

 

すると、首締めながら激しくついてほしいとか、バックが好きとか、M気質なんだなぁという内容。

 

僕も調子に乗って、イマラとかしてくれないと入れてあげないからと伝えると、「もう濡れてる」とか言い出す始末。

 

期待を胸に当日。駅近くのスターバック前で待ち合わせ。

 

ぽっちゃり掲示板巨乳

時間ピッタシに遠目から様子を伺うと、写真の服でスマホを見入る女性が。服だけでなく、雰囲気もそのまんま。顔は童顔だった。

 

よし、地雷じゃないと思った僕は、すぐさまそこへ行き、挨拶。

 

ぽっちゃり掲示板の彼女は、照れ笑いを浮かべている。僕は、コーヒーぐらい飲んでいくと聞いたが、顔は横にフルので、「じゃあ、もういきなり行くよ」と伝えると頷く。

 

ここまで、割り切れるのはすごいなぁと思いつつ、彼女と駅反対側にあるラブホ街を歩く。
事前にリサーチしていた、宿泊費が安いホテルにチェックイン。

 

部屋に入るなり、彼女はいきなりディープキスをしてきた。
えっ、と思ったが、こちらも、そこまで求められて動揺しては男がすたるというもの。応戦しつつ、ベットまで移動し、押し倒した。
そして、服の上から豊満な胸を触り、巨乳に喜びつつ、手を下にやると、パンツはもう濡れ濡れ。
なんでこんなに? と聞くと、待ち合わせ時間前に、今までのメッセージやり取りみながらネカフェで妄想オナニーしていたとのこと。
本当の淫乱だね、と囁きながら、指攻めや舌攻めを堪能。もちろん、シャワーは浴びていない。
本人は、何度かお風呂行こうと言っていたがすべて無視して、裸にし、僕の息子への奉仕もさせる。
ぽっちゃり掲示板の亜里沙のフェラはくわえたままなど、あまりテクニックなかったので、こちらが指示したりした。それに恥ずかしがりながら答えるのも良かったし、パイズリもたまらなかった。

 

こうして前戯も万端、よし挿入しようかというところで、一応、紳士な僕は彼女に「ゴムつけるね」と言うと、ぽっちゃり掲示板の彼女は無言で、僕を押し倒し、自ら上にのってナマでインサート。「いいの?」と聞いたが、喘いで腰を動かすばかりだったので、良いのだろう。
しばらく後に、バック、そしてフィニッシュは正常位。最高の快感だった。
一回戦終わっても、彼女の熱量は落ちないので、二回戦、三回戦と、まるでセックス覚えたての高校生みたいにまぐわった。
そして、四回戦、やり忘れていたね、といい、首締めて突き出すと、なんと彼女は失神。
「亜里沙さん!」といいながら、ビンタして、意識を戻したが、やばい表情で意識朦朧としていた。

 

その後、数回、ぽっちゃり掲示板の亜里沙とはホテルデートをしたが、首締めて突き出して失神の姿と、毎回何回も求める姿がヤバすぎて、怖くなりラインなどブロックした。

 

今は、もう少し穏やかなセフレを見つけて楽しんでいる。こっちも欲求不満の人妻で、Hカップである。

 

ぽっちゃり掲示板は、欲求不満な女が、いい感じの肉体持て余して男漁りをしているので、こっちも楽しい限りだ。